レーシック手術は保険適用されるのか

レーシック手術は外科手術の部類で費用もたくさんかかります。なので保険がきけば助かるのですが、実際にはレーシック手術に保険は適用されません。それはどうしてなのかというと、レーシック手術は自由診療といって医療には含まれません。病気にかかって悪いところがあるから手術をするというわけではないからです。美容整形で目を二重にしたりする感覚と似ています。

 

ですから、病院も費用を自由に決められます。医院・クリニックによってレーシック手術にかかる費用に違いがあるのはこのためです。それ故にレーシック手術は高額なのです。ただ、費用の分割払いやクレジットカードでのローンによる支払いを可とする医院・クリニックもたくさんあるので、コンタクトレンズを買い続けるよりは将来的にレーシック手術をしたほうが安く済むかもしれません。

 

冒頭でレーシック手術には保険が適用されないと書きましたが、生命保険に加入している人で契約内容に記載があれば保険が適用されることもあります。近頃レーシック手術は国内でも多くなってきているので、レーシック手術に保険が適用される生命保険も比例して多くなってきています。

 

生命保険会社の全部がレーシック手術に保険が適用される仕組みではありませんが、加入している生命保険が保険適用される場合には片目5万円から手術代の給付を受けられることもあります。ただ、保険は非常に詳細な条件がいくつかあるので、契約書を見ても不明な場合は加入している保険会社に電話で聞いてみてください。保険が適用されれば大分助かります。