てんかんの症状とは

近年何かと話題になっているてんかんについて書いてみたいと思います。この記事によって、てんかん、に対して理解を深めていただければ幸いです。

 

てんかん、とは大脳における慢性的な疾患です。繰り返し発作を行うことで知られています。てんかん、の発作とは大脳に備わる機能が様々な形で現れます。ですのでその症状はとても多岐にわたっています。

 

しかし、てんかんを患っている患者個々人にあらわれる症状はといえば、ほぼ一定しています。つまり、ひとりの患者にはほぼ同じ形の発作がくりかえしあらわれる、ということです。これが、てんかんの特徴です。

 

てんかんの症状で代表的なものといえば、てんかん発作があげられます。てんかん発作とは脳内の神経細胞が興奮して過剰な電気信号が働くことで起こるといわれています。通常、脳の神経細胞は弱い電気信号で情報の受け渡しを行っています。しかし、突然強い電気信号が流れるとどうでしょうか?

 

通常の数倍にもなる電気信号が流れることで、意識を失ったり、痙攣が起こったりと身体が反応するわけです。この時、脳には棘波と呼ばれる異常な波が起こっています。

 

大脳の右半分、右脳もしくは右半球は左半身を司っています。逆に、大脳の左半分、左脳もしくは左半球は右半身を司っています。大脳の内部組織は、灰白質と白質に別れています。この灰白質の一部、あるいは全体の過剰放電により、興奮が引きおこされる発作がてんかん発作と言われています。

 

灰白質には神経細胞が集中していて、様々な情報信号を作り出しています。この部分が興奮することで脳細胞が正確な情報の伝達や授受ができなくなってしまいます。

 

手に痙攣が起こる症状の場合、大脳の手を動かす部位に過剰な放電が起こっているということです。この過剰放電の起こる場所は患者個々人によって決まっています。大脳内で無作為に過剰放電が起こっているわけではありません。

 

そのために、てんかん発作はいつも同じような発作となって現れるのです。

 

関連SITE
うつ病 治し方

 

肝臓病について

 

健康に過ごすためにはカラダからの不調のサインを見逃さないことが大切ですが、特に肝臓から出されるサインにはかなり深刻なケースに陥っているかもしれないので一刻も早く病院に行かなければなりません。

 

しかし肝臓にトラブルがあるかどうか判断するにはちゃんと肝臓の位置を把握していなければいけません。肝臓悪化のサインは肝臓の数値から読み取ることができます。